キャッシング・カードローン審査基準

銀行カードローンの人気が高まってきています。もともと銀行は借入限度額が高いので利用の用途が広くて便利です。しかも実質年利が低くて返済しやすいので以前から評判が高かったのです。でも銀行というと何となく敷居が高くて、個人でお金を借りるのは難しいというイメージを持つ人がいるかも知れません。

でも最近の銀行カードローンはとても利用しやすくて便利なのです。銀行の借入の審査基準が厳しいと思うならそれは大きな間違いです。満20歳以上65歳以下で安定した固定収入があれば原則的には誰でも申込むことができます。パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも条件を満たせば借入できる可能性があります。

消費者金融の場合は年収の3分の1を超える借入ができません。でも銀行は総量規制の適用を受けないので、制度上年収による借入制限がありません。大手の消費者金融の借入限度額500万円に対して、銀行では限度額800万円~1000万円なのでとても有用性が高いのです。

以前は消費者金融の審査の方が速くて通りやすい印象を持つ人もいましたが、最近は銀行側でもキャッシング実績や経験値やノウハウが高くなり消費者金融と比較しても遜色のない審査スピードとなっています。しかも基本的な利用条件がよいので、銀行カードローンの人気と魅力が益々高まっているわけです。